優しく、強く、さりげなく。
家族をつつむ。

家に楽しさを、毎日に癒やしを。そして、安心して暮らせる家とは…。そんな想いを詰め込んで考えたのがコンセプトデザイン住宅「tsutsumu-つつむ」です。豊かさに家の大きさなんて関係ない。扉を開けたとき、最初に迎えてくれる吹き抜け。どろんこだって入っていける土間。癒しを家の中に吹き込む庭。「なんだか居心地がいい」そんな言葉が似合う家です。

〜 決めない、楽しさ 〜
「 doma - 土間 」

急な雨。びしょ濡れのまま、自転車ごと家に滑り込む。
晴れた日には椅子を置いて、外の景色を眺めてみる。
外なのか、内なのか。決める必要はありません。気分次第で、自由に使える。
そんな便利な空間があったら、家はもっと楽しくなる。

〜 癒しは、つくるもの 〜
「 niwa - 庭 」

太陽のもと、すぅっと空気を吸い込む。目を閉じて、開いて。
家族で手入れした花が瞳にうつる。心が和むひととき。
狭くたっていい。一輪の花だって、きっと心を動かしてくれる。
自分に水やりをする。そのために、家に庭は必要だと思うのです。

〜 余白のある日々 〜
「 nuke - 抜け 」

真っ白なキャンバス。がらんとした引き出し。
抑え込まず、縛りつけず。ゆとりが心を穏やかにする。
靴を履きながら見上げた先に、廊下を歩いたその先に。
すっと抜けているその空間はいわば、この家の余白。
何もないけれど、その余白こそがくつろぎを生む、鍵なのです。

PLAN

これからの時代を見据えた
ゆずデザインが推奨するSW工法。

SW工法とは、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震を実現する構造で、業界でも最高水準の基本性能を誇り、長年、設計事務所として多くの注文建築を建てて来た弊社が推奨する理想的な工法です。

デザイン性、機能性を考え
最新の設備を使用しています。